地中熱冷暖房

地中熱とはgeothermal

地下土壌は性質的に断熱性が高く、地上の熱の影響を受けにくいことから、比較的浅い地下でも一年中一定の温度に保たれています。この性質を利用して、人々は古くから野菜や食品を地下で保存していたことも知られています。

3メートル程の浅い地下でも年間通して15度前後であり、これを利用すれば季節に応じて外気温の差で冷たく感じたり、暖かく感じたりします。

地中熱冷暖房システムとはgeothermal air conditioning system

地中熱玉石敷き床暖の混合システム GT-Hybrid

そもそも長野は寒冷地であり、特に地元飯山は豪雪で知られ、こたつとファンヒーターは生活の一部です。近年はファンヒーターの熱をパイプを通してこたつに流し、より効率的に熱を利用する家庭も増えています。この生活の知恵こそが地中熱冷暖房システムを考えたきっかけです。

地中熱冷暖房システムは、蓄熱性の高い玉石を床下に敷きこみ、ファンヒーターの熱を床下の石に伝え、こたつのように熱を逃げないようにすることで、効率的な暖房効果が得られます。一度温まった玉石は約2日間温もりが持続するので、ファンヒーターの燃料代を大幅に減らせます。

一方、地中に配管を埋め込み、通年で15度前後の安定した地中熱をファン、ポンプで室内に巡回させることで、夏は涼しく、冬は暖かくすることが出来ます。上記の蓄熱玉石床システムと組み合わせれば、暖房の燃料代が最大で半減できます。

地中熱エネルギーは自然の恵みであり、これを利用すれば地球にやさしく、住宅のランニングコストを抑え財布にも優しい。夏にはそよ風を、冬には温もりを運んでくれるエコな地中熱冷暖房システムです。

北誠商事の地中熱冷暖房システム商品our geothermal products