ジオポンプ(geoPOMP)地中熱冷暖房

ジオポンプ(geoPOMP)とはabout geoPomp, geothermal air conditioning system

地中熱を利用し室内温度快適に一般的に我々が住む地表から、地下の比較的浅いところでは、土壌の性質的に大気や太陽の温度変化の影響が低く、一年間ずっと15度ほどに保たれています。

15度という温度は、真夏の35度前後の外気温と比べると涼しく感じますし、また、冬の外気温は零度前後なので同じ15度でも暖かく感じます。

室内の空気を地下3メートルに埋め込んだ長さ150メートルのパイプへ送り込むことで、地中温度より熱い空気は冷やされ、逆に地中の温度より冷たい空気は地中温度まで温められ、最終的に地中温度に戻された空気を室内に再び戻し循環させます。この仕組み利用する冷暖房システムがgeoPomp(ジオポンプ)です。

これは単純な仕組みであるゆえに、最適な温度で循環させるには多くの知識と度重なる試験から見出される工夫が必要です。北誠商事独自のこの技術と商品は現在特許出願中で、北誠社内に設置されています。お気軽にお問合せください。

ジオポンプの特徴features of geoPomp

ジオフロア(geoPOMP)地中熱冷暖房システム当社の実証済み技術が生み出したgeoPomp商品の主な特徴として下記の点が挙げられます。

  • 比較的狭い敷地内でも設置が可能
  • ヒートポンプ式商品と比べメンテナンスが少ない
  • 空気循環用のパイプの定期交換が要らない
  • 既存住宅のリフォームに最適

ジオポンプの施工法building process of geoPomp

地面に地下3mまでの穴を掘り、縦横2mの発砲スチロールの箱を設置します。

geoPompの施工ステップ1

発砲スチロール箱内におよそ150m長さのパイプをらせん状に敷き詰めます。

geoPompの施工ステップ2

さらに箱の隙間には保温性の高い玉石を埋め、ふたをして終了します。

geoPompの施工ステップ3

北誠商事の地中熱冷暖房システム商品our geothermal products