玄関周りの外壁は石を積んだようなタイルを使用しておりタイルの凹凸から出る影のコントラストが絶妙です。和モダン的な住宅にはぴったりです。

玄関を入っていくと木の温もり満載です。玄関、廊下の壁は杉板の素材を使用した腰板張りにしました。

玄関のアーチ型飾り棚は大工さんこだわり!中に埋め込んだダウンライトの光が良い感じで置き物を引き立たせます。

2間続きの和室の天井は格天井板だけを使い市松貼りに仕上げ、襖は一枚の杉板無垢の帯戸でとても立派な和室が完成しました。

 

 

中野市 I邸 SWT工法の家
中野市 I邸 SWT工法の家